×Edel Blumr 感想



「エーデルブルーメ」
【あらすじ】
16歳の誕生日を間近に控えた村の修道女メアリは、夜ごと悪夢にうなされ始める。
そして満月の夜。
山頂の居城で眠るはずの貴族-ジェラルドが舞い降り、村人たちに一つの要求を突き付けた。

メアリが16歳の誕生日を迎えた日、彼女を花嫁として捧げよと…
時を同じくして、村では怪奇現象が起こり始める。

【キャスト】
ジェラルド・ヴィルベルヴィント(CV.小西克幸さん)
コンラッド・バートリ(CV.水島大宙さん)
ヴィクトル・フリードリヒ(CV.安元洋貴さん)
オーギュスト・ミュラー(CV.細谷佳正さん)
リチャード・カンテミール(CV.谷山紀章さん)
バラージュ・フォン・イシュトバーン(CV.諏訪部順一さん)


乙女ゲームを数多くこなしているお友達に何気なく、「細谷くんが出てるゲームってないー?」と
聞いてみたのが始まりだった。
「エーデルブルーメ!!やってください^^」とにこやかにお勧めされたので早速密林さんで調べてみたところ、
まさかの \1 という文字が。

1円て!!
送料の方が高いねんけど!!

ということで、\351でゲットした「エーデルブルーメ」。
実はクソゲーと名高いと聞き、これは是非プレイしなければ!!と謎の使命感にかられ、
もはや私にとってゲームとは何か…と考えざるをえない境地に立ってきました。

思えば「NORN9」姉さんは恋愛に特化し、「世界のリセット?どうでもいい」キャラを見て白目になり
「しらつゆの怪」パイセンは主人公の「何を言ってるか分からない!」発言に私もや…と呟くことになった。
回収しない伏線が気になり、主人公のアホさにイライラしたのも良い思い出。

しかし。
ここにきてこの「エーデルブルーメ」はイライラする要素がない。
というか、イライラすらする隙がないほどサクッと終わる。

エンドロールを見るたびに、「え?!」と驚く。何も解決してないどころじゃない。
何一つ分からない上に、恋愛すらしていない。
そういう意味ではとても穏やかな気持ちでプレイできるけど、よく考えたら駄目だということに
そろそろ気づきたい。

とかって、プレイしたの1ヶ月以上前やけどね!!
何も印象に残ってないのに感想書けるのかって話な上に、今酔っぱらってるけど書いてみるよ!!

では続きから。
深呼吸して。
気持ちを落ち着けて。
「分からない」って何回言ってるか数えてみよう!

ちなみに、PS2であり過去のゲームなので、公式であらすじでも見ようと思ったら見れない罠。
公式サイトすら「分からない」このゲームっていったい……




▼メアリ
村の教会で育てられてシスターを目指す女の子。
幼馴染にはワガママな態度をとり、顔が良ければ即信用する、軽いとしか言いようがない子。
この子が突然今まで会った事がない村の領主(貴族?)ジェラルドに公開プロポーズされたことがきっかけで、
村に魔物が出るようになったらしく、迫害される。
予知だかループしてるんだか分からないが、何度も迫害されて周りが死ぬ夢を見るが、だからといって
その予知で誰かを救うみたいなことは一切ない。
そして夢でも現実でも、こいつは一切死なない。


▼ジェラルド・ヴィルベルヴィント(CV.小西克幸さん)
村の領主で、貴族。ここでいう貴族とは、どうやら吸血鬼っぽいけども何も説明はない。
代わりに、「シュトラール」「ダンケルハイト」という厨二っぽい単語は出てくるが、これが何かは分からない。

メアリの16歳の誕生日目前、突然村にやってきてメアリへ公開プロポーズ。
何故メアリなのか、という点に関しては、一切説明されない。
その代わり、メアリを「アルトメイデン」と呼ぶ。誰だよそれ?と思うが、誰か分からない。
ジェラルド「メアリ……いや、アルドメイデン」て言うたびに、逆やろ。って叫んだ。

何故ジェラルドにプロポーズされた後から村に魔物が出るようになったのかも分からない。
ジェラルドはとても優しい人だけど、何故自分のせいで迫害されているメアリを助けに来ないのかも分からない。
でも別にプロポーズは受けなくても良いんだよ、君の好きにしなさい、でも来てくれたら嬉しい…ていう控え目で
可愛くて良い人。でも残念ながらその魅力は半分も伝わってこない。

特別な絡みもないまま、とりあえずジェラルドの嫁になることにした。
するとどうでしょう。人間がジェラルドを攻撃せんと攻めてきた。でも人間を傷つけたくない二人は長期の
眠りにつくことにしました。棺桶END。

え?

とりあえずもう一つのENDへ。
やっぱり嫁になると選択すると、場面転換して終章。すぐメアリが老衰だか何だかで死ぬ場面。主人公死亡END。

え?
あの、ジェラルド様が何なのかとか、「アルトメイデン」が誰なのかとか、そういうのはこの際目を瞑ろう。
例え「アルトメイデン」が過去の嫁でメアリが生まれ変わりやと想定しても、「メアリを好きになる」描写ほしい!!
最後までこいつ「アルトメイデン…」て違う女の名前呼びよんねん!!
恋愛とは!!


▼オーギュスト・ミュラー(CV.細谷佳正さん)
幼馴染で村の教師。
穏やかで優しくみんなから好かれている。
完全にメアリの事が好きで好意がダダ漏れ、突然ポエム詠みだすドリーマー。

幼い頃メアリに連れられて、ヴィクトルと一緒に森に入った時に何かあったらしいが、
「こうなったらメアリ、お前だけでも逃げろ!!」「うわあああああ!!」
という会話だけで一体何があったと察しろと言うのだろうか。私はエスパーじゃない。

森での過去と関係してるんだろうけど、「私が私じゃなくなっていくのが怖い!」って言ってるので
何かしらに支配されてるっぽいけど、一体何に……?
そして迫害されるメアリを自分の物にするため、突然ヤンデレ化。村人を全員殺してメアリを監禁。
メアリは、これは愛じゃないけどオーギュストを1人にしておけない!らしい。
愛じゃないんだって!!乙女ゲームなのに!!

さらに突然「私ヤンデレじゃなくなったひゃっほーい!」と晴れ晴れしたオーギュスト。
メアリと村を出ようとするが、途中鳥か何かをスッと殺した自分に発狂。ドン引きするメアリ。そしてEND……

なんだこれ?
もちろん恋愛描写と呼べるものは一切ない。ないったらない。

一番ヒドイのは、村人から迫害され殺されそうなメアリを助けに来てくれたけど何か支配されて村人を殺しまくる
オーギュストを見て、ドン引きした上「これは夢よね!」ってオーギュストを放ってジェラルドに付いて行った
メアリやと思う。助けてくれた人置き去りにするとか、メアリは悪魔か。


▼ヴィクトル・フリードリヒ(CV.安元洋貴さん)
幼馴染で村の外で暮らしている。
メアリに連れられて森に入った時以来、村の人から敬遠されているらしい。
………なんでコイツだけ?!メアリとオーギュストはのうのうと村で暮らしてますけど?!

こちらは何故か狼に変身するんですけど!!何で?!森で何かに襲われたからって一体何がどうなったら
そんな事になるのか!!
でも村人に迫害され殺されそうになったメアリは、狼になったヴィクトルに助けてもらえたのでオッケーらしい。
何がどうオッケーなのか。私はオッケーじゃない。

「メアリを迫害するなんて許さん!村長に直訴じゃ!」と村長宅に行ったヴィクトルとメアリは、
うっかり村長を殺してしまい、二人で逃亡。気付けば子どもがいた……逃亡&出産END。

何やこれ?!
仮にもシスターのメアリが、村長殺して逃亡ってとんだ罪人ですけど?!
そして知らん間にちゃっかり子ども産んでるって、いつ君とヴィクトルができてたのかい?!

村長の息子のリチャードがヴィクトルを殺しに来るけど、狼なので普通の剣は効きませーんラッキー☆という
それ必要?っていうエピソードはあった。いらんやろ、これ。


▼リチャード・カンテミール(CV.谷山紀章さん)
村長の息子。見た目はカッコイイ(らしい)が、割とひ弱なお坊ちゃん。
メアリにとっては友達の兄、という対して親しい間柄には見えないんですけど、村人から迫害され始めると
一番最初にこいつが助けようと出張ってくる。
なんでやねん。他の奴は何してんねん。もっとおるやろ、幼馴染とか!
しかも助けようと村人から庇ってくれたりするのに、大概のルートでメアリに置き去りにされる。
メアリ、悪魔説再発。

こいつのルートは何かウロウロ色々と行ったり来たりして何やってんの?!ていうのが多かった。
その中でも、「村人よりジェラルドの方を頼ろう!」「そうね!」ってなったのが一番意味分からなかった。
何で?何で1回会ったっきりの正体不明な奴を頼ろうと思うの?カッコイイから?
で、ジェラルドを訪ねてお城に行くも、ジェラルドいねえ(笑) もう笑うしかない(笑)何しに行ってん。
そして迫害受けてる村に戻ってくるとか意味ないにも程がある。

でもどうやら、結局最後は他の村に逃げたらしい…よく分からないけど。
そこでリチャードは働こうとするけど、力仕事に出かけては捻挫で「死ぬ!」とか言うねん。役立たずすぎる…
で、容姿を生かして役者になり、ENDかな?と思ったら、また村に帰ってきた!!
そして次期村長として活躍することに!! 次期村長END!!

って、なんでやねーん!!

もう一つのENDは、メアリやジェラルドや魔物の問題をすべて放り投げ(いや、上のENDも放り投げてるけど)、
何か知らんけど結婚式!っていうEND。

って、なんでやねーん!!


▼コンラッド・バートリ(CV.水島大宙さん)
中央から派遣された異端審問官。
ジェラルドに公開プロポーズされたからメアリは異端や!という村人に呼び出されて来たんですが、この人が
もしやジェラルドとかの秘密を知ってる?!とか期待したけど全然だった。全くだった。

メアリとジェラルドの関係を調べようとするも何も分からず、とりあえず迫害する村人からは助けてくれた事しか
役に立ってない。
イベントを3つこなしただけで抱きしめてくれるという軽薄ぶり。お前…教会なめてんのか。

メアリを異端じゃない(もしくは異端)と証明するために来たのに、結論「半々かな?」って何やねん!
仕事してくれよ!!もしくは何で半々なんか教えてくれ!!メアリ、人間じゃないの?!

結局、村から1人離れようとするメアリに無理矢理付いてくる、コンラッドと旅路END。
もう一つのENDは、よく分からないけどメアリと一緒に逃亡するEND。

ENDについては何も言えないが、この人は結構可哀相なんですよ。
夜中にメアリの部屋にジェラルドやバラージュが侵入してくる時があるんですけど、コンラッドが助けに来て
くれるのに、ジェラルドやバラージュの方を信用する!とか言われる時あるんですよ………
メアリ、教会のシスター(仮)なのに、同じく教会の人間より信用できるって何でなの…カッコイイから?(2回目)
バラージュなんて1回も会ったことないのに。アホやろ。

あと、この人のピアスだかイアリングだかは、どう見てもでかいカレー用スプーンに見える


▼バラージュ・フォン・イシュトバーン(CV.諏訪部順一さん)

誰これ?

バラージュは本当に突然現れ、村人を殺してジェラルドより「我に従え!」と村人を震わせた。
その後何故かメアリはバラージュと旅路を歩んでる。

暗転の一瞬で何があった?!

なんだかんだ村を守るためかなーとか思ったけど、違うらしい。「何か悪い人じゃなさそう」らしい。
村人殺してるのに!!メアリの悪い人の基準て何?!

でももしやここから何かしら恋愛に…?と思った瞬間、バラージュ死亡

結局誰かも分からないバラージュと、輪廻の中でまた会いたいって言うメアリも大概ビッチだなと思うけど、
死ぬ間際にメアリの血をバラージュが飲み、どうやらメアリは輪廻から解放されたから二度と会うことはない、
って言われしまったので二度と会わないらしいです。
お前ほんま誰やったん………(絶望)


▼最後に
「少女の輪廻は終わったけど、これはあなたの魂の記憶かもね」
的なメッセージが出るんですけど、こんなビッチな女の記憶なんていらん。


何が起こったか分からないと思うが、私も全く分からない

とりあえず、大まかにまとめると、
-場面転換が急すぎて前後の繋がりがない!場面転換の一瞬で何十年も年月経ってるよ!!
-そもそも魔物が~とか突然言われて、え、そういう世界?!と驚き!魔物の描写もない!!
-小難しい用語が出てくるけど、それが何かは分からない。
-イベントは大体、それ必要?というイベント。
-選択肢も、それいる?的なもの。しかもそれを選ぶのが分岐点。このシステムがありえないよ!!

でも、初回プレイで2時間半くらい。
残りは1人2END回収で1時間。
短すぎて、イラッとする時間もないよ!!笑
ちなみに、この中で一番時間が割かれているのが、メアリが繰り返し見る夢だか輪廻だかの映像でした。
い・ら・ねえええええ!!!!


ということで、何をしてたか分からないまま、あれよあれよとフルコンプでした。
最後に、このゲームを現す言葉を送りたいと思う。

「はあ?!」


スポンサーサイト
   

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://yuihimeworld.blog27.fc2.com/tb.php/2638-1a96a53a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)