×SNOW BOUND LAND オルヴァ・カイ 感想



「SNOW BOUND LAND」 祝☆フルコンプ!

SNOW BOUND LAND (限定版)SNOW BOUND LAND (限定版)
(2013/11/21)
Sony PSP

商品詳細を見る

【キャスト】
カイ(CV.木村良平さん)
オルヴァ(CV.立花慎之介さん)
アージェ(CV.小野友樹さん)
クラエス(CV.代永翼さん)
イヴァン(CV.石田彰さん)

ウィル(CV.花江夏樹さん)
アルフレッド(CV.興津和幸さん)


最初の方こそ、「これどうなったの?!」「何でこんな事に?!」とあたふた困惑してましたが
だいぶ慣れてきたようで。
何が起こっても特に動じなくなってきました。

私の心もそろそろ雪の女王に凍らされてきてるかもしれない。

ということで、オルヴァとカイの感想です。
読んで頂ける方は続きよりお願いします。
深呼吸して。
気持ちを落ち着けて。
想いが届かなすぎて二次元との壁を感じて。




icon3a.jpg
■オルヴァ(CV.立花慎之介さん)

病弱でほぼベッドから出られない、弱弱しい人。
鏡の破片の呪いによって、触れた物を腐らせる力を持ってしまったため、手袋をしてる。

一応呪いの力のおかげもあって(?)体調は一時的に良くなったので、一緒に旅に出ます。
オルヴァは今まで本をたくさん読んだから知識があって賢い、とみんなに言われてるんですが、
賢い部分は全く出てこない!!

「赤の世界」では魔女を疑ってる…?という程度しか見えず、そして何もしない。
オルヴァ自身がぼんやりさんなので、イベントもぼんやり、オルヴァもぼんやり。
私は「霧の世界」にいるのだろうか?

「黄の世界」では心の弱さを悪魔に突かれてゲルダの足を引っ張り出した。
ゲルダは可愛いだけで何の役にも立たない主人公なのに、一緒にいるオルヴァまで役に立たない
となると、この旅が成功する確率はもはやない
にも関わらずお話が進んでいくのは、周りのサブキャラがとても良い人だからだと思う。
ここまでサブキャラのご好意に頼り切ったストーリーもなかなかない。斬新だ。

「緑の世界」ではボランティア集団「山賊」にオルヴァの弱さを指摘され、「お前にゲルダは任せて
おけない」という旧知の友人のようなアドバイスまで頂くことになる。
そこでオルヴァは山賊から戦闘を習い始めたー!!!

結局、世の中知恵より力っすか?!
そこ、体力ないけどどうにかするのか賢い人じゃないんっすか?!


「白の世界」では、賢いというよりむしろ反抗期の息子さんのような態度でなんですが…。
あの、とんがった言い方すりゃ賢いわけじゃないと思うんですが…。
雪の女王の部下になったカイを元に戻そうとするのだが、「ゲルダ、今だ!!」って……
君とちゃうんかい?!ゲルダに行かすんかい?!そしてオルヴァ何もせず!!
素晴らしい小者っぷりである。

何故かここになって突然干渉してくる悪魔(CV.杉山さんなのが素敵。)が、雪の女王とゲルダに
攻撃してきて三つ巴のような状態になるが、また「友達」だの「仲良くしたい」だの言うオルヴァ達に
心を動かされた雪の女王が悪魔を引き付けてくれて逃がしてくれた。

その後、雪の女王がどうなったのかは分からないという、後味の悪い結末。
雪の女王、ただただ良い人だった…。
こんなん幸せになれるわけないやん!と思ってたら、気にしてたのはこちらだけだった。
病気がちに戻ったオルヴァは、それでも少しずつ健康になってきているようで、ゲルダと
幸せそうだった。
そうか………そうか…としか言いようがない。

賢いって一体何なんだろうな?と疑問と投げかけたいが、オルヴァの落ち着いた喋り方は
好きでした!
立花さんの声にこれでもかと癒されました!!ストーリーに癒しはない。


icon2a.jpg
■カイ(CV.木村良平さん)

ゲルダの隣に住む幼なじみで、家族同然に育ってきたカイ。花が好き。
鏡の破片の呪いによって、性格が冷たくなってしまう。

最初のこの冷たくなった性格って実は本性なんじゃない?って思ってた。
的確につっこんでくれるので、こちらの性格の方がありがたい。
が、本来はとにかく優しくて甘くてゲルダが何より一番大切なふわふわ系男子です。

「赤の世界」で、ゲルダの代わりにイヴァンに攫われてしまうのですが、「黄の世界」でふらりと
戻ってくる。雪の女王の部下になり、ゲルダを守るために「白の世界」に行かせまいとするのだが、
それにしてもふわりふわりとしておる。一体どうしたいのか、いまいち定まっていない。

しかしそんな事はどうでもいい、と言わんばかりの恋愛イベントが襲ってくる。
呪いを解くとかどうでもいいから、とりあえず両思いだと認識しろ!というイベントのラッシュで、
何だか甘い雰囲気になった時には萌えていいのか止めたらいいのか微妙な顔になった。

しかもこんな事やってる間に、他の仲間は雪の女王に攫われているのである。
そうだと思った。だから早く帰れと言ったのだ。(画面の外の無力さ)

カイは雪の女王の部下になったので、魔法を使ったり時間が経つたびにどんどん心が凍って
いくらしく、どんどん冷たくなっていったかと思いきや、ゲルダの言葉で優しい気持ちを少し
取り戻したりもうどっちなんだという曖昧な感じだが、これはこれでカイの葛藤が見れて何だか
良かった。


そして「緑の世界」の山賊だが、「オレ達山賊らしいことしてないもんなー!たまに来る嫌な
商人に通行料をふっかけるくらいで。」
と言う発言が聞こえてきて、私のボランティア集団発言も
間違いではなかった、と安堵した…していいのか?
もちろん「鍵」は快く譲って頂いた。

「白の世界」に辿り着くまでは女王の部下として心が凍ったカイだったのですが、ゲルダのおかげで
感情を取り戻し、なんと最終決戦直前に2人が話し込みだしたのには驚いた。
仲間が心配だ!と言いつつ、2人で想いを確かめあってるんですが、本当にアージェ・オルヴァ・
クラエスには申し訳が立たない。
はよ行け、という私の想いは一向に届かず、本当に2次元との距離を感じた…切ない。

やっと女王に会いに行き、また女王と友達に!とか言い出したらどうしよう…と思ってたんですが、
これがまた!
すごい納得できる展開でした!!
何度も攻撃され、カイは心を失くしてもゲルダを守ろうと奮闘し、ゲルダと救った仲間達も
カイのために戦い、その中で雪の女王の心も感情を少しずつ取り戻していく過程が割と丁寧で!!
何故これを最初からやらないんだ…!!

でも感情という心の温かさを取り戻した雪の女王は溶けてしまって、そこも良かった。

そしてラブラブENDがすごく長かった!!他の人の3倍はあった!!
優遇されてる!優遇されてるよカイ!!
一緒に暮らして一緒に寝てるのに、何だろう、このおとぎ話を見てる気持ちは…。
そういうのがすごく良かった。2人とも可愛いかった!!


ということで、本当につっこみどころ満載のストーリーに能面みたいな顔してプレイしてたり
するんですが、甘くてふわふわしたおとぎ話のような感じでした。
そこを貫いてくれたのは良かったです。
変なエロ展開はほぼほぼないですし。SSではちょっと関係も進んでるのが伺えますが、
本当にただただ甘くて可愛いです。

キャラは個性的ですが、個別√に入ると他のメンバーは不自然なほど置き去りにされます。
なのでツッコミ不在という事態がしばしば起こります。笑

絵はもう、それはそれは美しいです!!

キャラだけで好きな順番は…
アージェ>イヴァン>>>クラエス>>>カイ=オルヴァ かなあ…?

旅に出るので、やっぱり守ってくれて頼りになるアージェはすごく良かった!
イヴァンも大人っぽいしまともな思考を持ってるので好きです。
クラエスはほら、料理人という手に職あるとこが良いです。(現実的)

ただもう全編通して気になってるのは、「赤の世界」の兄妹!!
これがもう重たい過去と現在を背負ってて、毎回その話を聞くのに全く解決しない!!
そこ!それどうにかしようよ!何のために聞いたの、その話!と胸が痛くなります。

そんな感じでした!
なんだかんだツッこみながら楽しんだと思います。笑  

以上、「SNOW BOUND LAND」フルコンプでした!!

スポンサーサイト
   

コメント

>葉月ちゃんへ

※反転してね※
貸してくれてありがとう!!何だかんだツッコミがいがあるゲームだったよ!
ツッコんでるのは楽しかったヽ(*´∀`)ノあとやっぱり絵が綺麗だよねー
内容はほんまなかったけど。とりあえず旅の意味がまずないよな。笑
でも確かにカイ@木村くんはすごく良いお声で…こりゃーやべーな、と。笑
葉月ちゃんのおかげで、けっこう楽しかったよ!プレイして良かった!
オトメイトさんのゲームは…去年から怖いよ…でも買ってしまう…
そこが一番怖いと思う。(真顔)
早く会って語りたいなー♪

by: 沖津ゆい * 2014.06.30 20:19 * URL [編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://yuihimeworld.blog27.fc2.com/tb.php/2262-ec7b720e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)