×SNOW BOUND LAND 初回 クラエス 感想



プレイしてますー!

SNOW BOUND LAND (限定版)SNOW BOUND LAND (限定版)
(2013/11/21)
Sony PSP

商品詳細を見る

【キャスト】
カイ(CV.木村良平さん)
オルヴァ(CV.立花慎之介さん)
アージェ(CV.小野友樹さん)
クラエス(CV.代永翼さん)

ウィル(CV.花江夏樹さん)
アルフレッド(CV.興津和幸さん)

【あらすじ】
主人公・ゲルダと幼馴染のカイ・オルヴァ・クラエスと旅人のアージェは、悪魔が白の世界の
「雪の女王」から盗んできた鏡を、それとは知らずに割ってしまったことで鏡のカケラを体内に
取り込んでしまった。
それぞれカケラが入った場所によって、日常に支障があるようなないような微妙な呪いが
かかってしまう。
呪いを解くために白の世界へ行くためには、赤の世界・黄の世界・
緑の世界の鍵が必要で、それらを集めて、いざ白の世界へ。

って話。

お友達にお借りして、プレイ始めましたー!
直前にプレイしてたのが「-8」なので、絵がべらぼうに綺麗だ…!と感動です。笑

初回なので、色々交えてクラエスの感想いきたいと思います。
「SBL」を大絶賛している方には酷な感想もあるかと思いますので、ご容赦頂ける方のみ
続きよりお願いします。
深呼吸して。
気持ちを落ち着けて。
落ち着きたいのは自分であることに気付いて。




icon1a.jpg
■主人公 ゲルダ

デフォルト名にしておくとみんなが呼んでくれます。

お花が大好きで花屋に勤める可愛い女の子。早くに両親を亡くしており、祖母に育てられるが
その祖母も2年前に他界。周りの愛情をきちんと感じられる優しい子。

鏡の破片の呪いにより、怪力になってしまう。

しかしこの子、現在1人で暮らしているのに家事が全くできず、呪いを解く旅に出るっていうのに
何故かロングスカートに白シャツでストール巻いてる暖炉前スタイル。
ポシェットに何入ってるかっていうと「花の種」と「絆創膏」。死ぬ気か。
もちろん雷に怯え、呪いの「怪力」はここぞ!という時に全く発揮されず、ドジを踏み、守られ、
自己犠牲の激しいタイプ。要は、可愛いは正義、ということ。


icon5a.jpg
■クラエス(CV.代永翼さん)

年下元気っこポジション。料理人。

ワンコみたいに元気で明るくてゲルダのことが大好きで…って可愛いです。
年下なので、一生懸命自分だって男だ!オレだってゲルダを守れるんだ!って頑張ってるのを
うふふ可愛らしいわねって見るのが正解な気がします。

呪いを解くためにまず「赤の世界」に行って魔女の屋敷に滞在させてもらうのですが、ここでは
本当に毒にも薬にもならないようなイベントを延々と見せられます。
呪いを解く、という目的があるにも関わらず、みなさんのんびりしすぎです。
延々と「鍵、見つからないねー」「そうだねー」というやり取りをぼんやり見てるだけ。
というか、魔女の親切を何一つ疑わず、疑っても何もせず、何をやってるんだこいつらは。(白目)

その屋敷で働かされてる兄妹の可哀相でたまらない重たい事情を聞かされ、この設定は一体
何のためにあるんだ…としょっぱい気持ちになり、その兄妹を置いて「赤の世界」を去ることに
なった時は、本当に何のために重たい事情を背負わされたのか、ただただ辛い。

「赤の世界」を去る時に、ゲルダの代わりにカイが「白の世界」の人に攫われてしまう。
よく考えたら目的地は「白の世界」なんだから、攫って頂いた方が親切というものではないか…?
という私の疑問はスルーされ、頑なに鍵を集めてから「白の世界」へ!というのを崩さない。
めんどうだ。

しかもカイを攫われても心配するばかりで、全く急ぐ気配がない。カイ、どんまい……。

「黄色の世界」へ行った時は、狙われている王女の代わりに舞踏会に出たら鍵をあげると言われ、
いや、どう頑張っても似ていない王女の代わりなんぞゲルダにできるわけがないだろう…という
私の意見は無視され、ゲルダは暴漢に綺麗に襲われていた。
なんで間違うんだ…ドレスが黄色ってところしか共通点はないだろう…と思ってたら、クラエスが
「オレがゲルダを守る!」と登場。やった!見せ場きた!と思ったら武器はフライパン………
あの、ゲルダが怪力を使った方がいいのでは?と思うも、ゲルダは何もせず。
案の定クラエスはケガを負い、それはありがたいが、ゲルダへの疑問がつのっていく。

「緑の世界」では山賊から鍵をもらうのだが、これがまた山賊というよりボランティア集団か?!
と思うくらい親切な人達でした。


そんな波も風もないようなイベントを見ながら、やっと「白の世界」に辿り着いた。
ここは雪の女王というすごい力を持つ冷酷無比な女王が治める国とのことでしたが、何を思ったか、
「女王様は寂しいだけじゃん!オレが友達になるよ!!」と言い出すクラエス。
死ぬよ、君…(呆然)と思ってたら、まさかの女王が「え…そんな事言われたの初めて…!」
戸惑いだした。
結果、「白の世界」で女王と友達になり、カイも返してもらった。

ここで最大の疑問がある。
呪いはどうなった?!?!

呪いについては一切触れられない。
なぜなら突然、実はクラエスは昔悪魔と契約して、寿命を伸ばしてもらったという事実が出てくる。
呪いがどうなったかも触れられず、クラエスが突然倒れてEND。

クラエス死んだ?!と思ったのも束の間。
寿命伸ばす代償は「ゲルダに関する記憶」でしたー。というオチ。
END後に、今までの記憶はないけど、もう一度君に恋しちゃった!私も好き!という
軽いノリで終わった。


………何て言ったらいいんだろう。
突然細かい設定が盛られていくが、これがまたあってもなくてもどうでもいい設定だらけ。
深く掘り下げることもせず、表面をサラリと舞う木の葉のような設定で、どうでもいい…という
私の呟きだけがPSPに吸い込まれていく。

唯一の救いは、クラエスがとても良い子だったということでした!!
料理しかできないとは言え、一生懸命ゲルダのためにおいしい物作ってくれるし、色んな国の
レシピを聞いてくれたりしてるところは、本当に可愛くて…!!
守るような力はなくても守りたいって戦おうとする姿勢とか、かっこよかったよ!!
「黄色の世界」の途中で付き合うことになったのは驚いたけど、幼なじみだったクラエスが、
どんどん自分を守ろうとしてくれる男の人に変わっていくゲルダの変化も可愛かった///


SSでクロカンブッシュ作って、付き合って1カ月記念をお祝いするのも、まあ可愛かった!
おまけの4コマは特に悪くもなく面白くもなく…

クラエスは可愛いし、「男の人」になるために必死で頑張ってる姿は素敵だった。
ゲルダは何もしていないが、別にいても毒にもならないので構わない。
そんなルートだった…。
言いたいことはここでほぼ言ってしまったので、次の人のルートでは特に書くことがないかも。

スポンサーサイト
   

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://yuihimeworld.blog27.fc2.com/tb.php/2254-cffdfd62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)