×DEADLOCK」シリーズ BLCD 感想



BLCDの感想ですよー!
苦手な方もロックオン!


「DEADLOCK」「DEADHEAT」「DEADSHOT」聞きましたー!

大ボリュームでした…!長かった。
でも長さを感じないストーリーの重厚さとスピーディさ。
素晴らしかったです。


DEADLOCKDEADLOCK
(2007/10/31)
イメージ・アルバム、中村悠一 他

商品詳細を見る

DEADHEATDEADHEAT
(2008/04/25)
イメージ・アルバム、中村悠一 他

商品詳細を見る

DEADSHOTDEADSHOT
(2008/08/25)
イメージ・アルバム、中村悠一 他

商品詳細を見る

【キャスト】
ディック・バーンフォード(CV.安元洋貴さん)
ユウト・レニックス(CV.中村悠一さん)
ロブ・コナーズ(CV.遊佐浩二さん)
ネイサン・クラーク/コルブス(CV.三木眞一郎さん)
パコ(CV.関俊彦さん)
トーニャ(CV.鈴木千尋さん)
エルネスト・リベラ(CV.三宅健太さん)
ミケーレ・ロニーニ(CV.伊藤健太郎さん)
マシュー・ケイン(CV.岡本信彦さん)


いやもう本当に面白くて、ドキドキするしきゅんきゅんするし、フリトは爆笑やしでした!
では簡単にストーリー掻い摘みつつ感想いきたいと思います。

読んで頂ける方は続きよりお願いします。
深呼吸して。
気持ちを落ち着けて。
ロブ、まじで幸せになって…!と願って。




■DEADLOCK

とりあえず、マシュー@岡本さんが何で逮捕されたのか気になる…!
めっちゃ人懐っこくて可愛らしいのに、一体何したの。

ユウト@中村さんは、とにかく真面目な感じです。無実の罪で捕らえられてしまったため、
監獄から出ようと思う気持ちは強いですが、だからと言って人を出し抜こうとか利用しようとか
考えないところが真面目で素直なユウトらしい感じです。
ちょっと堅めの中村さんの声で、ユウトのモノローグをずーーーっと喋ってくれてます。
お疲れ様でした。

監獄で同室になったディック@安元さんは、最初すごく無口です。怒ってはります…?って感じで
それがユウトも気になる様子。
でも打ち解けてくるうちに、頼りがいがある男らしい所や、ユウトに甘い所が見えてきて、もはや
ただのイケメンです。そこがいいというか、それがいいというか、とにかく男前。

2人は監獄の中でチカーノ(アメリカンメキシカン)と黒人達の争いに巻き込まれたり、マシューや
ユウトがレイプされ暴力振るわれ、ミッキーとディックが怒りに震えたり、かなり洋画のような展開で
ハラハラしつつも絆を作っていく展開でした。

チカーノと黒人達の争いが一気に戦争のような状態になり、大混乱の中明かされる、この監獄の
影の支配者、それは優しく穏やかで思慮深いネイサンでした…。

って分かるわ。笑
三木さんの演技が素晴らしすぎたので、何か含んでるって感じが出てくれてました。
人の意図を汲むのは苦手ですが、こういうのは敏感に察する方です。

ネイサンはユウトが探していたテロリスト・コルブスであり、またディックもコルブスを殺そうと
監獄に入ってきてたCIAだったという。しかしコルブスは大混乱に乗じて脱獄。
それを追ってディックも脱獄しようとし、ユウトを連れて行こうと思うけど、ユウトはきちんとFBIに
話して大手を振って出所する!と…

うおおおお、ユウト真面目っ!!
いやそれで正しいんやけども!!離れ離れとか…!!

こんな怒涛の展開の中、1回だけディック×ユウトのセックスシーンがあるのですが、これがまた。
ユウトが可愛すぎて…(鼻血)
真面目で堅い声だったのに、ディックを求める時のユウトの甘さといったら…!!全然違う!!
ユウト、息を飲むほどの可愛さ。

ということで、ユウトとディックは同じコルヴスを追う者同士でありながら別々の道を行くことに…
っていうので「DEADLOCK」終了です。

おおおいいいいい!!CPがはなればなれで終了とはこれいかに!!
続きが気になる仕様です。


■DEADHEAT

ユウトは、コルブス(ネイサン)と直接話してよく知っているという事を切り札に、無事出所です。
(もちろん疑いも晴れました。)
そのままFBIに入り、コルブスを追うことに。

コルブスがなりすましていた元々のネイサンを探すうちに出会ったロブ@遊佐さんの助けを借りつつ
コルブスの行方を追っていきます。
コルブスと繋がりのある企業を追っていくうちに、変装し素性を隠したディックとも再会。
しかしディックはユウトなど知らぬ顔で…

突然ですが、「DEADHEAT」から出てくるロブ、すごい良い人な上にものすごい可哀相でした。
最初はからかい半分でユウトに手を出そうとするものの、ユウトにどっぷりハマり、めっちゃ親切に
してくれるのにユウトは「ディックディックディック…」。
しかもディックに素知らぬ顔をされたユウトを慰め、抱こうとするも拒否られると引く…

このあまりにも紳士な良い人なのに報われない感じに、私は涙をこらえました。

私の思いと裏腹に、やっぱりディックに会いたいと思わずディックの所に行くユウト。
さて、セックスタイムです。
またユウトが甘くなるお時間がやってきました。
この甘い声を聞くと、ああユウトにはディックじゃないと駄目なんやろうなあ…と思います。

オリーブオイル1本じゃ足りないくらい抱いてやる、的な事を言ってた割りにサッとセックスを済ませ、
昔コルブスに恋人と仲間を皆殺しにされた恨みでコルブスを殺したいディックと、
それでもディックには未来を歩いてほしいから殺人をしてほしくないユウトは、結局また別々の道を
進むことに…。

と思ったらディックは、ユウトとロブが敵企業の罠にかかりそうになった時、
車でサッと駆けつけてくれ、街中をカーチェイスして救ってくれ、じゃ!っつって去っていきました。

フリトの遊佐さんも言ってましたが、ペロッとやって来てチャッとえっちしてチャッと帰ってく
そんな言葉が似合うディックでした。

展開は本当にハリウッド映画を聞いてるようなドキドキハラハラで、手に汗握る展開です!
コルブスのテロ行為とかもさっと素通りしてますが、実はものすごくドキドキしました。
(三木さんの声も)
ディックが好きでディックそばにいたい気持ちと、過去に捕らわれたディックを救いたい気持ちが
交差して悩むユウトの気持ちも、切なくて痛々しい感じはとても良かったです…!

それにしてもメインCPがここまで絡まない話もなかなかない。(笑)
だからこその緊張感とストーリー展開が、何だかもうたまらないです。中毒になります。

あとロブ、まじで乙。


■DEADSHOT

ドキドキハラハラしすぎな展開が2枚組み×3枚続いており、しかし休んでる暇はない。
何としても早くユウトとディックに幸せになってほしい(ついでにロブも)一心で、聞き続けます。

コルブスとはスペイン語でカラスを意味する単語であり、テロ行為を仕掛けた場所を繋ぐと
カラス座の形になることを付きとめたユウトとロブ。(ここがディックでない所がシュール)
コルブスと関わりのある企業のパーティに参加し、情報を探ろうとしてたら再度ディックと
ご対面。

と思ったらコルブスともご対面。

コルブスを殺そうとするディック!立ちふさがるユウト!余裕なコルブス!
手に汗握る展開ですが、ユウトはコルブスに攫われてコロンビアまで連れて行かれました…。

ユウトはもうちょっと危機感持つべきですね?

そこでコルブスの過去を詳しく聞き、何かもうコルブスも可哀相で涙が。
コルブスの仲間が殺される所での、
コルブス「悲しくても泣けないんだ…」
ユウト「俺がお前の分まで泣いてやる」
ってところは私が泣きました。

ディックが助けに来てくれるところも良かったんですが、コルブスが死ぬ(結局ディックは殺さない)
ところにまた涙ですよ。
「最後にネイサンて呼んでくれ…」と、「刑務所は楽しかったなあ」と、呟くコルブスが切ない。
ネイサンとして生きた刑務所での生活は、殺戮者もテロリストも忘れられた唯一の時間。
コルブスとして、テロリストとして育てられ、精神状態はまともなのに狂ってる、それは
コルブス自身も分かってるのにまともな道は進めないコルブスの不器用な生き方に
何かもう胸がつまる思いです。
またその三木さんの演技が上手いんや…!
っていうかこの辺今まで以上に怒涛の展開すぎて、ドキドキしっぱなしで…!心臓に負担が。
心臓の弱い方は気をつけた方が良いと思います。京子さんとか。

コルブスが死に、目的を失くしたディックに会いに行くユウトですが、またその背中を押してあげる
ロブが良い奴すぎて…!ロブ、幸せになってくれよー!!

いやいや、今はユウトなんですが、会いに行ってもお互い素直に気持ちをぶつけられないあたりが
もだもだします。最後の最後でやっとディックの悲痛な叫び「行くな…!!」が聞けた時は、
ほんま泣きました。遅いねん…(泣)

そしてユウト甘々タイム発動です。
甘いです。とろけてます。チーズなんか生ぬるい。液体になった生クリームのようです。
今までを乗り越えて、2人で幸せになろうっていうユウトとディックに拍手を送りたいくらい
感動しました。


■DEADLOCK番外編

FBIを辞めてロサンゼルス市警に就職したユウトと、CIAを辞めてユウトと暮らすためにLAに移って
きたディック。就活後にユウトの兄であるパコ@関俊彦さんに挨拶に来る話でした。

俊彦さんが兄って…ものすごい良い声の家族や…。

パコがまた兄バカというか、ユウトをすごく可愛がってる様子がよく分かってほっこり。
今までがハードボイルドなだけに、何だか和む話でした。

チラリとロブとネト@三宅さんが仲良い…って出てきましたけど、え、それってどっちが受…
と頭を悩まされてます。というか、ネトって割とおっさんなイメージ。


ハードボイルドな展開で、ほんまにドキドキハラハラが止まらないです!!
それに対して挟み込まれるディック×ユウトの甘いあまーーーいシーンがまた…!!
ほんっまにユウトの中村さんの声が全然違ってて、甘えるような可愛い声になるのが、たまらなく
きゅんきゅんするんです…っ///

完全適役のコルブスの過去や気持ちを考えると涙なしでは聞けないですし、ディックとユウトの
もどかしい関係にも泣きました。

ってことで、「DEADLOCK」シリーズ、超面白かったです!!

スポンサーサイト
   

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://yuihimeworld.blog27.fc2.com/tb.php/2105-362ab768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)