×クリムゾン・エンパイア マーシャル ブライアン 感想



「クリムゾン・エンパイア」PC版 プレイしてます。

クリムゾン・エンパイア ~Circumstances to serve a noble~クリムゾン・エンパイア ~Circumstances to serve a noble~
(2008/12/13)
Windows Vista

商品詳細を見る

【キャスト】
エドワルド=ウィンフリー(CV.鈴村健一さん)
ジャスティン=ロベラッティ(CV.平川大輔さん)
マーシャル=エイド(CV.成田剣さん)
ブライアン=カペラ(CV.鈴木達央さん)
ランビュール=ダヌンツィオ(CV.谷山紀章さん)
オランヌ=バルソーラ(CV.浪川大輔さん)
ロナウス=エッカート(CV.岸尾だいすけさん)
マイセン=ヒルデガルド(CV.下野紘さん)
ミハエル=ファウスト(CV.緑川光さん)
カーティス=ナイル(CV.石田彰さん)


苦難の道を乗り越え、現在4人攻略済みです。
他ENDが多そうなので今から戦々恐々。

で、今回はマーシャルとブライアンです。
ブライアン様に盛大に萌えました…(*ノ∀`*)!

読んで頂ける方は続きよりお願いします。
深呼吸して。
気持ちを落ち着けて。
どこにあるか分からないけど確実にそこにある、萌え。




実際、エドワルド様もジャスティン様も、萌えたけど部分的だったんです。
いいキャラしてるのに、何か物足りないなーって感じでした。
最初はすっごい萌えるんですけどねー。ほら、あの戦闘を繰り返しすぎて心折れてる状態なので
何でも染み込む感じで、おおおキタキタ―――ってなるんですよ。
でも、何回も同じ言葉ばっかりのイベントでして…「もうそれ聞いたよ」って思ってたんですよ…。

「好きだ」「はあ…」てやり取りで、いやもうそれ分かったから。その先はないんかい、と。

で、ENDまで波も風もないようなイベントと同じようにぐだぐだと似たような言葉を聞くENDで。
結局これからどうなるの?っていうのがないです。
甘いこといっぱい言ってくれるし、前半頑張った分、気持ちが通じるあたりまではめっちゃ萌えますが、
それ以降は正直なんかなあ…って思ってました。

何でだろう…アラロスはあんなに萌え転がったのに!
ロゼさんの絵もストーリーも好きなのに!
って思ったら、シエラが原因な気がする!ってことに思い当たりました。

私、シエラ好きなんですよ。奴隷上がりで暗殺教室経て王子様付きメイド長まで、腕一本でやってきた
とか、カッコいいですし。その分性格もサラッとしてて感情に乏しいみたいなの可愛いです。
でも恋愛した時くらい、ちょっとは動揺したり気持ちの揺れがほしい…!
何言われても「はあ、まあ私も好きですけどエドワルド様が一番ですがね」っていうぬるい反応!!
そうなると、せっかくの甘い告白も上滑りしてるというか。攻略対象たちが滑稽に見えるというか。

色んなシチュエーションで、さまざまな角度から「好きだ」て言ってくれる言葉がただの繰り返しに
聞こえるのは、相手(シエラ)の反応がないからだと気づきました。

まあそれも、ブライアン様√で変わりましたけどね!ブライアン様といるシエラは違ってた!!
というか、ブライアン様が最高だったんですけどね!!!(シエラ関係ない)


ということで、で感想です。


banner180_150marshall.jpg
◆マーシャル=エイド(CV.成田剣さん)

お城仕えとしてシエラの同期で、ジャスティン様の侍従長であるマーシャル。
エドワルド様のメイド長であるシエラとは、主人達が敵対関係にあるけれども、でも同期でお互いの
過去をある程度知ってる分気安いようです。

一緒に飲みに行ったりするけど、でも主人同士が敵対してるからって自分達もケンカしてるんですが…
子どもの言い合いみたいに可愛いです。
シエラも言いたい事言ってて、何かすごい良い感じでした!!ケンカップルって感じで!!
阿吽の呼吸というか…お互いの行動パターンや趣味言動を理解してる感がすごくて、良いです。

そんな関係なのですが、マーシャルはどうやらずっとシエラに惹かれてた様子で。
飲み屋で他の男がシエラに絡むと、いつものポーカーフェイスでいられないところとか、可愛いです。
なので、買い物途中でバッタリ会ったマーシャルがシエラに、別れる際にさりげなくキスした時は、
うおおおキタコレ!!て萌えました(*ノ∀`*)
どういう意味のキス…?て悩んでるうちにマーシャルを過剰に意識するシエラも可愛かった!!

でも敵対する主人を持ってる上に、お互いその人達の第一の使用人で、秘密もたくさん持っている。
だから付き合ったりするのは難しいわよと戸惑うシエラに、

「いつ死ぬか分からない上に、仕事とプライベートの区別もないくらいの仕事なんだから、
 付き合うくらいの時間を持ってもいいでしょう?」
(ニュアンス)

って迫るマーシャルはかっこよかったですヽ(*´∀`)ノ

結局、お互いの仕事上一番は自分達の主人であること、お互いに言えない秘密はたくさんあること、
それでも少ないプライベートでは一緒にいたいって想っていること、身分も大差ないこと等の共通の
理由でくっつきましたw

なかなか萌えるイベントがあったにも関わらず、ENDではマーシャルがめんどくさくてしょんぼりです。
自分は浮気相手ではないのか、浮気するのも当然だシエラは可愛いし人気もあるしな、でも嫌だ、
しかし浮気はしょうがない………
もう、やかましい!!
お互い秘密があるからこそ全面的に信用できないのは分かるけど、気持ちまで疑い始めたマーシャルに
何かもうめんどくさかったです。
それまでカッコ良かったのに…何でこんなENDにしたんだ、もったいない…。

ちなみにジャスティン様がマーシャルの事でシエラにお礼を言ってくれるイベントがあるのですが、
王族のジャスティン様が、一介の敵方のメイドであるシエラに「ありがとう…」って言ってくれるとか
す、すごい事だ…!と改めてジャスティン様の器を尊敬しました。


banner180_150bryon.jpg
◆ブライアン=カペラ(CV.鈴木達央さん)

きました。
クリムゾン・エンパイアをプレイして本当に良かった!と思えたのは彼のおかげです。
萌えに悶えて、今までのしょんぼりをすべて覆してくれました!
ありがとうブライアン様、ありがとう(*ノ∀`*)!!!

ブライアン様は侯爵家の跡取り、時期侯爵様です。
身分の高い貴族であり、顔も品もトークも素敵なためモテモテの遊び人と噂の耐えない人です。
近付けない程高貴な方ですが、シエラの部下のリリーはブライアン様の妹でして。
リリーは侯爵家のご息女でありながら、シエラに憧れすぎてメイドになった変わり者。そのリリーを
溺愛してる兄としてのブライアン様と交流を持っていくことに。

リリーの話からたまたま2人で話すことになり、ブライアン様はシエラも1人の人間であると
知って興味が湧く…
普通なら貴族は使用人の人格だの存在だのは空気のようなものだからこそ、リリーを通して少しずつ
お互いを知っていくという良い感じの進み具合で驚きを隠せません

普段は貴族ーって感じで落ち着いた物腰柔らかい感じなのに、リリーの話になると途端に情けない
顔や喋り方になって、そのギャップが可愛くてたまらないです!!

リリーが百合的な意味でシエラを好きなんじゃ?!て動揺してシエラに相談に来たり。
リリーの百合趣味を自分は貴族にしてはノーマル趣味だから分からない!て泣き言言ったり。
遊び人て噂あるけど、本当は真面目なクソしょーもない人間だ!て焦ったり。
昔から才能あるリリーには叶わないコンプレックスを抱えてると悩んだり。

可愛すぎるんですけどどうしたらいいですか?(真顔)

貴族としての顔と、情けない部分とを見ていくうちに、シエラはどんどんブライアン様に惹かれていき、
ブライアン様も情けない面も受け止めてくれるシエラに惹かれていき…
無理のないストーリー運びに、本当に驚きを隠せない。

突然押し倒されたりもなく、紳士的に可愛らしく普通の男性のように、泊まっていかないか?
誘ってくれたとか!!
シエラの反応も今までは「はあ」「まあ」ばっかりだったのに、ブライアン様に対しては割と好意を
きちんと示してて可愛いです(*≧∀≦*)

リリーもお姉さまがお義姉さまになるなら嬉しいからお兄様頑張れ!と応援してくれて。

「カペラの名にかけて、彼女をめろっめろにするよ!」

いやもうブライアン様がめろっめろやけどな?!
と思いつつもニヤニヤニヤw
何だかもう私の方がブライアン様にめろっめろです。

結局エドワルド様のためにメイド長を辞めることはできないため、結婚は無理。愛人ほど手練に長けて
ない。そんな名前のない関係の2人だけど、いつか、すべてのしがらみが取れた時まで、一緒に
いられたらいいな…て願う2人が切なくて可愛くて…!!もう…!もう…!!


ということで、マーシャルも良かったんですが、ブライアン様が…!
もう盛大に萌えさせていただきました(*ノ∀`*)
お友達には「またたっつんか?!」と言われましたが、いやちゃうねん。達央さんも良いねんけど、
ブライアン様が良いねん!
もっかいブライアン様やりたいけど、我慢してランビュール行ってきます。
ランビュールも萌えるといいなー!

スポンサーサイト
   

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://yuihimeworld.blog27.fc2.com/tb.php/1978-6c3a277d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)