×断罪のマリア Complete Edition ダークネス 感想



「断罪のマリア Compkete Edition」始めてますー!!
断罪のマリア Complete Edition 初回豪華版断罪のマリア Complete Edition 初回豪華版
(2013/09/27)
Windows

商品詳細を見る

【キャスト】
マリア(CV.阿澄佳奈さん)
ウリエル(CV.平川大輔さん)
宗像市竜(CV.高橋広樹さん)
秀麗水鏡(CV.杉山紀彰さん)
御柱キリト(CV.下野紘さん)
九条院日和(CV.下和田ヒロキさん)
クラウス・エアハルト(CV.柿原徹也さん)

ファーザー(CV.星野貴紀さん)
ジョーカー(CV.KENNさん)
ジード(CV.藤原祐規さん)
ヴェガ(CV.横田紘一さん)
イルミナ(CV.石井真さん)

ダークネス(CV.安元洋貴さん)
ロップ(CV.佐藤有世さん)


久しぶりにちゃんと感想書いてみたら…多いですねw

さて!謎の男・ダークネス!!
マリアがあっちこっち行き過ぎて、もはやいつ恋が芽生えたのかも謎の男ですwww
でも久しぶりのCV.安元さんだったー楽しかったーヽ(*´∀`)ノ

ということで、ダークネスの感想をサラリと。
読んで頂ける方は続きよりお願いします。
深呼吸して。
気持ちを落ち着けて。
名前だけだと、完全に悪魔サイドですねw




◆ダークネス(CV.安元洋貴さん)

ダークネスは「悪魔の棺桶」と呼ばれ、聖霊ロップを連れた単独のエクソシストです。
一人でのエクソシズムは禁止されてますが、一人でやってるようです。
どうやら悪魔を体内に吸い込み、その力を使用することができる能力があるらしく、悪魔を
体内に飼ってる(w)ため、「悪魔の棺桶」と呼ばれてるみたいですねー。

実際、クラウスのポルトギーザーもちょっと吸い込まれたりしてましたwwwww
ギーザーの両手がダークネスのお腹から出てるのとか、めっちゃシュールでしたwww


で、今回マリアは、突然拉致られましたw
ついでにウリエルもダークネスのお腹に吸い込まれましたw

マリアの捕獲命令が法王庁から下ったのを知ったダークネスが、マリアを捕獲させまいと匿い、
自分で悪魔アザゼルを倒そうとしてます。
なんで?と思いましたが、ダークネス、記憶喪失らしいので全く分からない…!!
ただアザゼルは倒さないと!てだけ覚えてるらしい。
…マリア、あんまり関係ないよね…?笑


マリアとロップを残し、一人でアザゼル討伐のためヘルファイアに向かったダークネスですが。
うっかりマリアとロップもヘルファイアに拉致られちゃったー!!笑
こいつら、何やってんのwww

悪魔アザゼルと融合したファーザー相手に苦戦するダークネスですが、
お腹の中からウリエルがにょっきり出てきて、さっくりアザゼルの心臓を掴み、くしゃりと心臓潰し、
一件落着www
ありがとう、ウリエルヽ(*´∀`)ノ!!


平和になった学園で、エクソシストの教師として聖バルビナ学園にやってきたダークネスwww
怪しすぎるんですけど、バルビナ学園大丈夫?www

ダークネスとマリアが2人で執務室で会話してるのが、気になってるスピリタス隊が可愛い!!
みんなで盗み聞きしに来て、こそこそ会話してるの、めっちゃ良かったー(*ノ∀`*)!!
クラウスも日和のこと「ヒヨリン」とか呼んじゃうしwwwヒヨリンwww
でも盗み聞きが見つかってしまい、

宗像さん「全員総出で、ドアの修理をしていてだな…!」
キリト「どんな修理ですか…」

何この2人www可愛すぎる(*´∀`*)www
しかもノラ猫を見つけたから飼いたいというダークネスに、可愛いもの好きセンサー発動!

宗像さん「ああ!!かわいい!!マズイぞこれは、誘惑だこれは!!」
キリト「宗像さんが壊れた…あさっての方向に」

だからこの2人www可愛いのはお前だ宗像!!


そんな先生となったダークネスですが、マリアの額と手の甲と十字架に何度もキスをし、
「育ての親のように、お前を護ろう…」と。
そしてマリアも微笑んで頷いて。
こういうセリフと唇以外へのキスで神様を欺いて、恋心はお互いに秘めて。

え、いつ惚れた?!笑
なんて聞くのは野暮ですよね。
恋はジェットコースター、落ちる時は一瞬です。目さえ合えばいつでもフォーリンラブ。


まあ怪しすぎるダークネスですが、結構年上なので(笑)マリアを護ってくれるでしょう。
…いつまで祝福と敬愛と神への愛のキスで満足できるかな?ニヤリ


最後はグランドエンドですー!!
これこそ待ち望んだ展開すぎて、心が震えました!!

スポンサーサイト
   

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://yuihimeworld.blog27.fc2.com/tb.php/1953-b2c10156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)