×夏空のモノローグ 先生・篠原・木野瀬 感想



夏空のモノローグ Portable (通常版)夏空のモノローグ Portable (通常版)
(2013/03/20)
Sony PSP

商品詳細を見る

【キャスト】
木野瀬一輝(CV.阿部敦さん)
沢野井宗介(CV.高橋伸也さん)
浅浪皓(CV.井上和彦さん)
加賀陽(CV.高橋直純さん)
篠原涼太(CV.代永翼さん)
綿森楓(CV.岡本信彦さん)


もう何回も言うけど、泣いた・゜・(ノД`)・゜・

何言ってもネタバレになったら嫌だから、プレイした人は続きよりお願いします。
深呼吸して。
気持ちを落ち着けて。
悲しいことと嬉しいことの比率って、9:1くらいな気がする。でも0よりいいかなw



作中でも何度も出てくるんですが、
この世界は残酷で、楽しいことに満ち溢れているわけじゃない。
この世界は残酷で、何一つ思い通りにいかなくて、希望すら持てなくて、何一つ自分に残らなくて、
世界ってそういう場所だったりするんですよね。

それでも今、私達の世界の時間は前に向かって進んでいる。
それを止めれるとしたら…

明日来るから来ないか分からない希望と奇跡を夢見るよりも、今の平穏を維持したいって思う気持ち、
よく分かるなあ…と思います。
この3人は、本当にそれを思いました。

では、個別感想サクッといってみます!



tw01_06.jpg
◆浅浪皓(先生)@井上和彦さん

プラモデル作りが趣味のダメ大人代表、浅浪先生w 記憶喪失になった後の孤独な葵のために
専任教師になってくれ、顧問をしてる科学部を紹介してくれ、葵に居場所をくれた人。
でも、科学部で部長を筆頭におかしな実験を始めても、我関せずでプラモをせっせと作るなんて、
大丈夫か教師!!笑 あと、28歳にしては立ち絵が老けてる気がする…!笑
しかも幸せ探しをしようって企画で、先生と一緒にいたら、日がな一日公園でぼーーーっと…
「生まれ変わったら…鳩になりたい」って呟く先生は、マダオだ!!どう見てもマダオだ!!笑

葵に科学部という居場所をくれた先生ですが、7/29を過ぎたら他の学校へ正教員として行くため、
顧問がいなくなった科学部は廃部になってしまいます。まあ…そりゃ正教員の方に行くよね…。
と思ったけど、それには理由が。
実は先生には病気の弟・翔くんがいて、9割の確率で2年の命らしいです…
翔くんの入院費とかのためにも、正教員の給料が必要なので、先生も泣く泣く学校を去ることに
決めましたが。7/29がループしてる間は、翔くんの病気も進行しないので、もう少しループしてて
くれたらいいなあと考えてます。
葵もその事実を知って翔くんとも仲良くなり、ループしてくれてたら死ななくて済むって考えるように。

でも、ループは終わるんですよ。そう宣言した部長に、「ループの停止を待ってください」
て訴える葵の気持ちも分かる。でも部長だって大切なものを失う辛さも知ってる。
「時を経ることによって失われるものがある。
一方で手に入るものがある。そういうものなんだ。」

て言葉が胸に響きます…。

ループが終わるまでできるだけ遊ぼうって翔くんと先生と遊ぶのですが、先生が葵に電話で泣きながら

「ずっと一緒に生きてきたのに…なんであいつが…!
 なんで、なんで翔なんだよ…っ!!」


て震える声を聞いた時には、私も号泣。゚(゚´Д`゚)゚。
翔くんは自分が退院できない事も命の限界も知っていて、葵に先生をよろしくって言うような、
良い子やねん!何でこんな良い子が長く生きられないの…!!

明日が来なければ病状が進行することはない。けど、明日が来なければ病状が良くなる可能性もない。
それを胸に、明日を迎えようと決める先生と葵にまた涙…。ちなみに翔くんにせっつかれて、
「お前と3人家族でもいいかなって…嫁的な…」て言ってもらえましたーwww

でも何というか…先生というより、翔くんが可愛くて、むしろ翔くん√でしたw



tw01_05.jpg
◆篠原涼太@代永翼さん

科学部の後輩で、いつも一定の距離を置いて鋭いツッコミをするSキャラw
部長にも葵にも「バカですか?死ぬんですか?」とか冷静に言ったりして、逆に面白いwww
ツンツンしててデレが全然ないんですが、そこが可愛いんですよー(*ノ∀`*)

葵のことも割りとバカにしてる感じで、葵は嫌われてるんじゃ…って思うくらいに距離が詰めれない!
見かねた科学部部員たちが、2人でできるだけ一緒の時間を過ごして仲良くなれ!と指令をw
最初はしぶしぶだったのに、2人で過ごして色んな事をしてる間にどんどん惹かれていくのが
可愛くて可愛くてー!!
パフェを意地悪そうにあーんって差し出してくる篠原くんスチルはときめきすぎたし+.(≧∀≦)゚+.゚!
篠原「好きな人のそばにいられるのは、幸せなことじゃないですか」
「じゃあ、私と一緒だね」
て言った後に、え?!告白?!みたいになってお互い照れちゃったりしてー(*ノ∀`*)きゅーん///

でも、その間に篠原くんの秘密を知ることになります。
篠原くんは生まれつき前行性の記憶障害で。過去で事故にあってからそれが進行してて。
知識などは忘れないけど、思い出だけどんどん忘れていく病気らしいです…。

葵が篠原くんの記憶障害を実感した頃に、部長からループの終了のお知らせが。
ループしてる間は記憶障害の進行も遅いかもしれないと思って、ループ続行を部長に詰め寄るけど、
部長は知ってたんですよね…。篠原がずっと同じ本を読んでいることも、忘れたことさえ忘れている
ことも、メモが取れなくて記憶の差異が大きくなっていることも、病状の進行も―
「現実から逃げた先に、幸せは存在しない。
 問題を先送りにするのはやめたまえ」

正しい…部長の全部知った上での言葉が正しくて優しくて厳しい…(´;ω;`)

篠原くんは覚えてないんですよ。2人で行った色んな場所、話した内容、共有した時間…
だから、告白した事実も忘れてしまってた時の絶望感たるや…。゚(゚´Д`゚)゚。
「先輩は、僕と一緒に歩くと言ってくれた。それが、すごくすごく、うれしかったんですよ。
 科学部のみんなもそうです。仲間ができたみたいで、ひとりじゃないみたいで、
 本当にうれしかった」

切なそうに言う篠原くんの声が悲しくて苦しくて、でも簡単に支えるなんて言えなくて、辛い…
これから先、もっと記憶障害が進行したら、自分は高校生のまま、周りの環境が変わっていく
記憶の相違にもっと苦しむことになる。そんな篠原くんの傍にいられるかなんて、悩むよ!!
今まで、篠原くんが忘れてたことを書き留めてたメモを見つけて、

『どうか、どうか、どうか、どうか神様、どうかお願いですから』

っていう、篠原くんの忘れたくないっていう思いと苦しみを見た時は号泣でした・゜・(ノД`)・゜・

みんなと思い出を共有できない篠原くんは一人で生きていかないといけないと思ってて。
だから科学部のみんなとも仲良くなりすぎないようにって距離とおいて接してたとか…悲しい…
悲しすぎるよ…

でも木野瀬くんの一押しで、篠原くんを孤独にさせたりしないって決意する葵ですが。
『篠原くんのために、何ができるか』でも『自分のために、何ができるか』でもなく、
『2人の幸せのために、何がしたいか』
って考える葵にまた涙…(´;ω;`)何ができるかだと義務になっていつか壊れてしまう。
そうじゃなくて、葵が何をしたいのかって事が重要だと考えるのが素晴らしいなあって思いました。

一緒にいたいって言う葵に、クールだった篠原くんが声震わせて、

「好きな人を!
 不幸になんてできるわけないじゃないですか!!」


て叫ぶところでは、もう号泣…・゜・(ノД`)・゜・!!
一緒にいたい、篠原くんを孤独にしないって葵の気持ちを受けて、キスしたスチルは美しかった…
最後は、忘れたんじゃなくて思い出せないだけなのかもしれないという希望を持って、明日を
迎えようとする2人に、本当に幸せになってほしいなーって思いながら、また泣きました…。


篠原くん、こんなに泣くと思わなかった…!ストーリーもさることながら、代永さんの演技が…!
クールで皮肉っぽい感じの声と演技だったのが、葵が記憶障害を知った後からは、何もかも諦めて
一人で生きないといけないっていう諦めと弱さが混じった声になってて、それにまた号泣。
って、篠原だけで長いー!!笑



tw01_02.jpg
◆木野瀬一輝(副部長)@阿部敦さん

葵と同級生で、強面で黙ってたらヤクザかチンピラに見える木野瀬くん。でも優しい人ですw
そんな黙ってたらチンピラに見えるってwwって思ってましたが、カガハルとのビーチバレー対決の
時のスチルでは、ほんまに柄悪そう(゜ロ゜)!!って思っちゃいましたすみません!!
なんだかんだで、部長の突飛な話も一応最後まで聞こうとする優しさと落ち着きがあって、科学部
唯一の常識人枠はこの人かもwww

で。この人、色々伏線が出てくるので大体展開は読めますwそしてその通りでしたwww

木野瀬くんは、記憶がなくなる前の葵のことが好きで。告白したけど振られて、でもお友達から
頑張って仲良くなっていって、さあもう一回告白!って時に葵が記憶喪失になってしまった。
告白の時に呼び出したのがツリーで、そのツリーによる影響で葵は記憶喪失になったんじゃないか、
自分がツリーに呼び出さなければ葵は記憶喪失にならなかったんじゃないか。
記憶喪失になった葵に、自分が誰か分からない、あなたが知ってる葵じゃないって言われて、拒否
されたように感じて何も力になれなかった。
そういう後悔をずっと引きずっている木野瀬くんが痛々しいです…。

一方、葵は木野瀬くんといると落ち着くなーって惹かれていくんですよねー。
そりゃ仲良かったからなあ…
今の”葵”を見てほしいから、昔の”葵”はいないよって木野瀬くんに伝えても拒否されたりして、
葵もどうしたらいいか分からなずに泣いてるのが辛いよー(´;ω;`)
でも記憶のない辛さや、明日に持てない希望を木野瀬くんに話してた自分を悔やんでた葵に、
部長が、
「彼は君を愛している。過去とか今とか、そういう区別は彼にはない。」
「人を傷つけない人間は存在しない。かえりみて悔やむことができるなら、君に罪はない。
 それは木野瀬一輝くんにとっても同じことだ」

って言ってくれた言葉が、胸に染みました…変人のくせに人の気持ちを汲むのが上手いなんて…!
泣くじゃないか…!!

展開が読めてても、一人で葵との思い出のバス停に座って、後悔して泣く木野瀬くんの姿を見てると
切なくて切なくて、私も泣きました。゚(゚´Д`゚)゚。
記憶喪失前の葵との思い出は、ありふれたものだからこそ、幸せだった日々で…そういうのを思い出す
木野瀬くんと、その姿にどうしても涙が…

でも、葵の今木野瀬くんが好き、一緒にいたい、力になってくれたじゃない!って言葉で、
最後に木野瀬くんが、昔ばかり思い出して後悔するのをやめて、今も昔も関係なく好きな目の前の葵を
抱きしめながら、

「大好きだ。今も昔も関係ない。あの夏からずっとずっと、お前のことが大好きだった。」

って言うシーンでは、私も号泣でした…・゜・(ノД`)・゜・
わーん、私も大好きだよー!!(←)
ループが終わっても2人ならまた明日を乗り越えられるって希望を持つのが良かったー!
改めてちゃんと「付き合ってください!」て言われた時は、何か私が盛大に照れました///
この人、意外とロマンチストだわwww



今まで「CLOCK ZERO」や「神なる君と」でも盛大に泣いてきましたが、これも盛大に泣いてます。
特別な現象じゃない。
誰しも抱えているような、誰しもが直面しうるような、そんなストーリーだからこそ、明日に希望を
持てずに泣く主人公たちの気持ちが痛いほど分かります。

すでに篠原くんで泣きすぎて疲れましたが、いよいよラスボス(ぇ)綿森くんです!
でもそれは次回へ続きます~www

スポンサーサイト
   

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://yuihimeworld.blog27.fc2.com/tb.php/1901-b70bcca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)