×どんな日でも最後に眠る幸せ、どんな日でも萌えはそこにある幸せ。


2週間くらいブログも書いてなかったですねー。
まあコレはアマゾンの奥地にある、服って何?局部だけ竹で隠しますよ?、みたいなブログなので
記事書いてないから何だって感じですがw

毎日暑いですが、お元気でしょうかー+.(≧∀≦)゚+.゚?

私ももう暑いっていうか、焼かれる…!と思いながら外出してます。

そんな私が、サウナみたいな外で汗だらだら流してジリジリ太陽に焼かれながらニヤニヤ聞いてた
BLCDです。(何か嫌)
今回は、
◆クロネコ彼氏の遊び方
◆あめの帰るところ
◆アンバランスな熱
◆えんどうくんの観察日記

になります。

読んで頂ける方は続きよりお願いします。
深呼吸して。
気持ちを落ち着けて。
春夏秋冬、ずっとあなたの傍に、手の届く萌えを。




◆クロネコ彼氏のアソビ方
ドラマCD クロネコ彼氏のアソビ方ドラマCD クロネコ彼氏のアソビ方
(2013)
近藤隆、前野智昭 他

商品詳細を見る

【キャスト】
加神(CV.前野智昭さん)
真悟(CV.近藤隆さん)


黒猫に化ける猫科人間の真悟@近藤さんは、好みの顔とカラダなら、誰だって抱く。そんな真悟に
目をつけ、圧倒的なオスの匂いをさせて押し倒してきたのが人気No.1俳優・賀神@前野さんだった。
カラダじゅうトロトロにされた真悟の腹の上で、彼が見せたケダモノな姿は-?(Amazon引用)

猫科人間て何ぞwwwww
まさか人間に変身したりできる猫科の動物がいる、という設定だとは思わずに聞いちゃったので、
最初驚きましたw 真悟は黒猫ですが、加神はヒョウでした。ヒョウ…!!

加神は最初、お互い猫科人間だから遊ぶのにちょうど良い、程度に考えて真悟にちょっかいかけるの
ですが、真悟が予想以上にエロ…もとい可愛いので(w)、すっかり夢中です。
ふらふら遊び歩くばっかりでちっとも地に足がついてなくて「ネコだからしょーがないじゃん」
言い訳する真悟は、人間に何度も捨てられた経験がトラウマになってるため、加神からの愛情も
サラリとかわします。

人…っていうかヒョウに…っていうか加神に心を許すのが怖い真悟を、追いかけて追いかけて
「好きだ!」って伝える加神はめっちゃ良かった+.(≧∀≦)゚+.゚!!
嫉妬して人気俳優なのにみんなの目の前で真悟にキスしちゃったり!「絶対離さない!」て言ったり!
加神めっちゃ良いよー!!

真悟は孤独なの分かるけど…何というか…不器用さんなのね…と思います。
だから、しつこい加神とくっついて良かった!最後まで加神が真悟に夢中で追っかけてくれるので、
すぐ怖がって逃げる真悟にはお似合いやと思いますw

あーエロかったー!!(←)


◆あめの帰るところ
あめの帰るところあめの帰るところ
(2012/01/27)
ascolto(アスコルト)、朝丘戻 他

商品詳細を見る

【キャスト】
能登匡志(CV.日野聡さん)
椎本千歳(CV.梶裕貴さん)


泣ける、と聞いたので原作を買って読んで泣きました。
さらにこのCDを聞いて号泣でした。
先生も千歳も、すごくゆったりしてるキャラなので、日野さんと梶さんのトーンもすごくゆったり。
その声のトーンだけで、落ち着いた気持ちになれそうなくらい、素敵でした。そしてピッタリ。

ストーリーは割とありきたりなんですよ。予備校の教師である先生@日野さんと生徒の恋。
恋人同士になった二人だけど、千歳@梶さんは留学先で記憶喪失になってしまう-。

先生は先生のくせに生徒の名前も覚えないダメな大人だけど、千歳(千歳飴とかけてあめちゃん)と
会って、恋を知って、生きる意味や仕事の意味を見つけ出す。あめちゃんも、裏表なく自分の幸せ
だけを願ってくれてる先生にどんどん惹かれていきます。
小説の方で書かれてたんですが、受験生のあめちゃんは成績に落ち込み、勉強でしか価値を見つけ
られない狭い世界にいる自分に落ち込みしながら、それでも頑張らないと!て焦ってた時。
先生が、「大学進学なんて、今後も増え続ける膨大な選択肢のひとつでしかないんだよ。
 そんな親の叱責みたいな決まりきった言葉に怯えなくていい。今は夢だけ追いかけなさい。
 あめちゃんのペースで、後悔しない結果を出せばいいんだよ。それを笑う人間がいるなら俺が守る」

この言葉、あめちゃんをものすごく救ったんだなあ、あめちゃんが本当に好きだから出た言葉だなあ
って思うと、胸が切なくなるくらいぎゅーってなります。先生はあめちゃんがどんな事で焦ろうとも、
それを責めたりせず、間違いに怒ったりせず、あるがままに受け止めてくれる…そりゃ惹かれるよね!

恋人同士になって2年、ほとんど毎日一緒にいて、くっついて、お互いのことと幸せばかり想う日々が
ほんまにあったかい。

でもあめちゃんは翻訳家になりたい夢のために留学することにしたけど、事故にあって記憶喪失に。
それまでの日々を覚えていない「ちいさん」と、今まで一緒にいた「あめちゃん」は別の人間だ、と
日々思い知ることになってツライ先生は、弱いなあと思います。
弱い先生は、「ちいさん」に向き合えずに逃げちゃおうとするんですけどw
でも記憶がなくても先生が大事だ、先生と一緒にいたいって思うちぃさんが追いかけて追いかけて…
最終、京都まで逃げた先生を追いかけてきたちぃさんが、追い出されてドアの前で泣きながら、
「ごめんなさい…でも、もう、忘れないから…」って小さい声で言う場面では、
涙 腺 崩 壊・゜・(ノД`)・゜・

いやいやいや、梶さん、何?!その声、何?!そのドア越しの泣き声、何?!

あめちゃんを失ったように、ちぃさんまで失いたくないって思った先生と、最後はちゃんと恋人に
戻れるのですが…やっぱりどこまでいってもあったかい二人で…また涙がw

ありきたりっぽいストーリーに、特別何かがあるでもないキャラ同士なのに、めっちゃ良いです!!
梶さんもさることながら、日野さんよ!!「~なさんな」だの「~でしょう?!」だの、そういう
喋り方も情けなそうな声も落ち着いた海のような声も、もう先生!て感じで素敵すぎでした…!!

全くエロくはないですが、切なくてあったかいBLです。全力でオススメです!
原作の小説は早速友達に貸し出すことにしたので、みんなに回ればいい!と思ってますw


◆アンバランスな熱
Chara CD Collection アンバランスな熱Chara CD Collection アンバランスな熱
(2008/02/29)
イメージ・アルバム、羽多野渉 他

商品詳細を見る

【キャスト】
加賀谷竜(CV.羽多野渉さん)
鳴瀬真也(CV.鈴木達央さん)
鳴瀬義人(CV.鳥海浩輔さん)


他人を寄せ付けない黒い噂のある級友・義人に密かに惹かれていた竜。けれど偶然知り合った義人の
弟・真也にもなぜか懐かれてしまった!!優等生の顔をした真也にすぐ心を赦した竜。ところが真也は、
兄への対抗心と嫉妬から竜を無理やり抱くが、その現場を義人に見られて-(Amazon引用)

「あめの帰るところ」の後にこれってどうよ?と思うような「愛」とちょっと遠い作品www
とりあえず、羽多野さんの受、可愛すぎ…ッ!!
達央さんの攻、エロすぎ…ッ!!


愛人親子だった義人のせいで、真也の母親が自殺。そのせいで義人の大事なものを奪おうとする真也が
竜を無理やりレイプしたところはエロかった…!羽多野さんの受け声がもう…!!(鼻血)
そして達央さんの安定のエロス!!攻めの声がエロいってどういうこと?!
けど、愛はないwwwそしてレイプはダメだー!!
まあ正直、竜はほいほい付いて行きすぎやと思ったけど。

その後、何故か竜への愛に目覚めた真也が、「俺だけを見ろよ!」て竜に迫るところは可愛かった…
「これって…好きって…ことか?」て言う真也が可愛くて可愛くて不覚にも悶えました…orz
くそう!レイプ魔のくせに!笑
でも、やっぱり最後は義人×竜になるのかなー?と思ってたけど、竜はすがりついてくる真也の
家族へのトラウマもすべて含めて抱えて支えようって決めたので、結果、真也×竜だった…。
でもそれは同情とかであって、愛では…ない…よね…?真也はそれでいいの…?何か竜がお母さんの
ようですがwww

義人が不憫でしたww真也がレイプしたことを竜に土下座して謝ったり、結局その真也に竜を取られw
でも真也の執着と憎悪が、愛情として竜に向くようになったことで、これから義人は自由になれるん
じゃないかなーと思うと、せめて義人には幸せになってほしいですwww


◆えんどうくんの観察日記
Dramatic CD Collection えんどうくんの観察日記Dramatic CD Collection えんどうくんの観察日記
(2012/02/22)
(ドラマCD)

商品詳細を見る

【キャスト】
津田(CV.三浦祥朗さん)
遠藤(CV.近藤隆さん)
神埼(CV.鈴村健一さん)


高校生の津田はある日、席替えで無口で無表情な遠藤と席が前後になった。ささいなきっかけから
交流が生まれ、今まで知らなかった遠藤が見えてくる。ほくろ、首、髪、ちょっとした表情の変化。
けれどもともと他人への関心が薄かった津田は、近づく遠藤との距離に焦燥感を覚え……。
(BL wiki引用)

鈴村さん出てたんや…!(まず驚いた)
祥朗さんの声を長い時間ちゃんと聞いたのは初めてですが、めっちゃ良い声ですね…!!
何かハッとするくらいエロいです…

人間関係に不器用な津田@祥朗さんと遠藤くん@近藤さんの距離が、少しずつ近づいていくのが
何かもうキュンキュンでした(*´Д`)!
距離感を掴めなくてどうして良いか分からなくて戸惑ったり、逃げたりする津田に、遠藤くんが
たまらずキスした時はめっちゃ萌えました!!
遠藤くん、ぼんやーりしててあんまり喋らないタイプなんですが、意外と積極的なのね!!
そのキスで止まらなくなった津田に、「…津田っ」て言う遠藤くんの声が…!

マジで近藤さんGJ…ッ!!!

て膝から崩れ落ちそうなくらい可愛くて悶えました+.(≧∀≦)゚+.゚

そういう2人を見守ったりしつつ空気読めてない神崎@鈴村さんが素敵でしたwww
何この人wwwメールのタイミングとか内容とか、笑ったwww
でも最初から遠藤が津田に惹かれてるって知ってた神崎、すごい観察眼!!

淡々としてて淡い感じなんですが、そういう2人と、スパイスのような神崎が、とても萌えました!
こちらは原作読んだことないので、読んでみたいですー!


今回はあんまり達央さん出てないですねー。
結構聞いた気がするんですが、まだまだ出てると思いますし、他のもいっぱい聞きたいな♪

ということで、今回のBLCDでしたー!

スポンサーサイト
   

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://yuihimeworld.blog27.fc2.com/tb.php/1864-cc22ba7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)