×LUCKY DOG1 感想Ⅰ


「LUCKY DOG1」 プレイしてますー\(//∇//)\!!

ドラマCD ラッキードッグ1 WINTER CHANCEドラマCD ラッキードッグ1 WINTER CHANCE
(2009)
タダノドウテイ、平井達矢 他

商品詳細を見る

(こちらはドラマCDみたいですー。)

【キャスト】
GIANCARLO Bourbon del Monte(CV.タダノドウテイさん)
BERNARDO ORTOLANI(CV.浅野要二さん)
LUCHINO GREGORETTI(CV.四季路さん)
GIULIO DI BONDONE(CV.蒼井夕真さん)
IVAN FIORE(CV.平井達矢さん)


【ストーリー】
物語は、その名を轟かせていたマフィアグループの幹部4人が芋づる式に逮捕されるという、
前代未聞のスキャンダルから幕が開ける。
主人公・ジャンはというと、刑務所の中。
同じグループに属するマフィアの一味、訳あって刑務所暮らしをしているが、一構成員でしかない
ジャンは、幹部が捕まっても、特に興味もなくのんびりと過ごしていた。
そんな時に、突如、チャンスは落ちてきた。
一構成員であるジャンが、マフィアのボスになれるという、人生最大のチャンス。

そのチャンスを活かすか、逃がすか。
それは『LUCKY DOG』と呼ばれるジャンの運次第。



もうね、超楽しい…っ+.(≧∀≦)゚+.゚!!!

出てくる登場人物が全員好き!!
全員かっこよくて、可愛くて、愛おしい!!

でもやっぱり、
ジャンカルロ愛してるー(*´Д`)

現在ラキド漬けの頭です。多分しばらく帰ってこれない。
普段買わないゲーム雑誌すら、ラキド表紙!って買ったくらいです。
ジャン可愛いジャン好きジャン可愛いジャン愛してるジャンジャンジャンジャン…(病気)

そんなラッキードッグの感想です!
書き始めたらキリないのは分かりきってるので、サクッといきます。
読んで頂ける方は続きよりお願いします。
深呼吸して。
気持ちを落ち着けて。
OPで既に中毒になって。


 
◆Giancarlo Bourbon del Monte(CV.タダノドウテイさん)
banner_130_01.jpg

ジャンカルロは、若い頃からイタリアン・マフィア「CR:5」に属している一構成員。
その驚異的な運の良さから、「ラッキードッグ」の異名を持っていた。
ジャンの服役中に、同じ刑務所送りになった「CR:5」の幹部4人…この4人とともに脱獄できれば
「CR:5」のカポ(ボス)の座をくれるというチャンスが!
って感じで、4人と脱獄したり逃亡したり、やりあってるギャングと争ったりする話です。

最近このお声の方ずっと聞いてますが…ベスト・オブ・この方!ってお友達が言ってたの、
分かります…!!
かっこ良いし可愛いしもうどうしたらいいヽ(・ω・;三;・ω・)ノ?!ってくらい悶えてますw

そのお声の威力もあるかもしれないですが、ビジュアル的にもジャンがね!!
理屈はどうでもいいんですよ。
とにかくジャンかっこ良くて可愛い…ッ(*´∀`*)ノ。+゜*。!!
最近、ジャン可愛いジャンかっこいいジャンジャンジャンジャンしか言ってないです(やっぱり病気)

コンプしたら謎な部分も色々分かるんですかねー?正規ルートは終わったので、後は回収!
でもとにかくジャンへの愛を叫びたかっただけw


◆Ivan Fiore(CV.平井達矢さん)
banner_130_04.jpg

最初、まさかイヴァンの声が平井さんとは…!!と驚きました。
イヴァンは血と血統を重んじるコーサ・ノストラ(イタリアンマフィア)の中では異例の
アイルランド系幹部です。
だからイタリア語はちょっと苦手で(可愛い)、出てくる汚い言葉も英語ばかりで(可愛い)、
しかも単調(可愛い)!
fuck、shit しか言わないってwwwもっと英語もバリエーションあるよ?!笑
その単調さがものすごく可愛いのです(*ノ∀`*)
でもまさかそれを平井さんの声で聞けるとは…

いくらコーサ・ノストラだー伝統だー血だーって言ってても、街にはイタリアン以外が多いですし、
そいつらが敵側のギャングに行っちゃったら「CR:5」より兵隊が多くなって困るので、
そういう奴らをまとめ上げてるイヴァンの力ってのはスゴイ重要なんですよね。
血の気が多くてカッカしやすいのは、バカにされないための身を守る猫みたいなものでしょうかwww
イヴァンはすぐ血が上るところをジャンに諌められたりして、ちょっとずつジャンを見直して…
単純なジャンもイヴァンの危機管理能力を見直したりして、お互いに背中預けられる関係になって
いく…みたいなのがめっちゃ良かった!!

最後、カヴァッリ顧問の孫娘が攫われたのを助けに、ジャンとイヴァンの2人だけで乗り込んでいって
一緒に戦うところは何か感動しました(´;ω;`)!!

その前に、イヴァンの兵隊は他の所を攻めるのに使いたいっていう仲間のために、
「テメエら!このケンカ、俺がいなくても、だ!いっつもどおりハデにぶちかませ!
 俺たちにケンカを売ったバカどもをぶっ殺せ!!」

って兵隊の士気をガッと上げるところはほんと鳥肌…!!!こういうイヴァンだからこそ、慕われてて
付いていこうって思う部下が多いんだなあって思うと、イヴァンを「CR:5」幹部にした
カポ・アレッサンドロはすごいな…!と妙なところで感心www

ジャンとイヴァンが2人でぼろぼろになりながら戦って、最後海に向かって飛び込んだ先に、
ちょうど船が…ってラッキードッグさまさまwwww
でも、そこで朝日浴びながら肩叩き合って笑ってる2人のスチルはほんまに好きです+.(≧∀≦)゚+.゚

ちなみにえっちシーンですが、意外とイヴァンてヘタレでwww可愛い(*ノ∀`*)wwwwww
ジャンに挑発されてヤッちゃうんですが、イヴァンがジャンに落ちてハマっていくのが
めっちゃ分かるwww
何やかんや言いつつも、感じるジャンの顔にムラムラしてるイヴァンです。
何この思春期みたいなノリ!萌えるー!!
しかもジャンとベルナルドが長い付き合いなのに嫉妬したり、イヴァン可愛い(*´Д`)!
結構回数的には多い方だったと思うんですが、でも一番好きなのは意外とキスシーンでした。
敵に囲まれて絶体絶命の中で、自分が犠牲になるっていうイヴァンに、「仲間…ダチだから」って
ジャンが活路を開いてくれて逃げた後です。
イヴァンが車の中で感極まったみたいにジャンにキスするところは、何かもう
キュン死にするかと思った…+.(≧∀≦)゚+.゚!!

イヴァンの過去はまだ分からないけど(コンプしたら出てくるのかな?)、結構過酷だったと
思うんですよね。
だから自分の兵隊も必要以上に信用しないし、ドアのノック音も気にする。車でも熟睡はしない。
そんな警戒心バリバリのイヴァンが、ジャンていう心から信頼できるダチに出会えて、
ジャンと一緒だとぐっすり寝ちゃうしってところとか、もう萌え萌えでした…!
イヴァン、ダチができて良かったね・゜・(ノД`)・゜・エーン!!

でも最後…多分会長まで上り詰めて年取ったイヴァンが死ぬところで、今でもダチがいる…って
思った後に聞こえてきた「イヴァン…おい、イヴァン」て楽しそうなジャンの声のところで
泣きました。
お互いに口汚く罵り合いながら、でもいっぱい笑って楽しい人生過ごせたかなって、二人の声で
感じられて、なんかもうキュン泣きだね!!(何)


どうでも良いけど、抗争中の敵が「Grave Digger(GD)」っていうんですが…何か弱っちいwww
そんな名前の組には入りたくないなー…


◆Giulio di Bondone(CV.蒼井夕真さん)
banner_130_03.jpg

ジュリオはイヴァンとは正反対で、ボンドーネという由緒正しき貴族の息子です。
でも感情に乏しくて殺しにだけ特化してて、その殺しの腕を見込まれての「CR:5」幹部入りでした。

でも何だか最初から「ジャンさん…ジャンさん…」てやたら懐いておる…!!笑

何だなんだ、何があるんだ?!と激しく気になってましたw
「ジャンさんは…すごい…人、です…」とか言ってくれるけど、特にジャン何もしてないwwwww
あっちこっちで暴れる「GD(プッ」を蹴散らすために動くジュリオとジャンだけど、
ほぼほぼジュリオが全部殺っちゃってます!!またその動きが綺麗なんです…!
かぁっこいい―――+.(≧∀≦)゚+.゚!!
返り血すら浴びない。弾丸は避ける。ナイフ一撃で致命傷刺す。そして感情はない。

え…サイボーグ?

て、ちょっと疑ったりもしたけど、ただのネクロフィリアでした。笑←笑えない
嬉々として死体の生皮剥がしたり、そこでオ●ニーしたり…おいおい、正気かよwとちょっと思った。
そりゃイヴァンもちょっと引くよwww
しかも死体の山の横でジャンを無理矢理レイプするし。レイプはダメだよー!!
いや確かにエロいんですけどね?でもシチュエーション的にも、萌えるに萌えられないwww
いくら私でも死体の山の横、というシチュエーションはちょっとおいしく頂けないかなー?笑

でもこれがあったから、ジャンはジュリオの心の闇を見たわけだし。
それによって自分がいたらジュリオは大丈夫だから、支えよう!てガツンと男気見せたところは
ジャン~~~素敵~~~!!って萌えました(結果ジャン)

ジャンがじゃあジュリオとヤろう!とするところで、
「…なんですか、これ…何のご褒美…ですか…?」って呟くジュリオが可愛すぎて私、死亡
ジャンと抱き合う幸せとぬくもりを、今まで知らなかったって泣くジュリオに、私、号泣
さらに「自分のことが、嫌いなのは…もう、いやだ…」って言うジュリオに、ジャンが
「しょーがねえなあ。よしよし」って言ったところで私、再度死亡…!!
うわああああああああ可愛いよおおおおおおおおお!!て叫びながら転がりました。(マジ)
ジュリオが初めて知った幸せだったり愛情だったりに感動して、ジャンの「よしよし」で転がり、
もう呼吸困難です。というか、パーンなりすぎて木っ端微塵です。

どうやらジュリオは祖父から虐待を受けてたようですね…そのせいで心が傷ついてしまったのかな…
でもジャンがいれば!ジャンさえいればジュリオは大丈夫!!そういうお互いがいないとダメな依存は
大好物です。もうジュリオが可愛くて可愛くて可愛くてねー(*ノ∀`*)!!

結局、組織の中で裏切ってたのはジュリオの祖父っていうのも、ツライよねえ…。
祖父から受けた虐待のせいで、祖父に逆らえなかったジュリオが、ジャンのピンチに祖父に逆らって
(もういっそ殺せと思ったのは心に秘めておく)ジャンの元へ行くところは激アツ…!!
めっちゃ滾りました!!
その後のGD幹部・バクシーとの決戦!ジュリオがかっこよすぎて!!ほんまにドキドキハラハラ
手に汗握りながら見てました!(プレイしろ)
ボロボロのジュリオ達が爆弾を避けて飛びこんだ先がバンカーってまたラッキードッグさまさま☆

それにしても、何で最初から「ジャン、さん…ジャンさんと一緒、が、いいです…」ってジャン崇拝?と
思ってたら、子どもの頃から一目惚れオチで、キュン死に――――!!!
祖父とジュリオが寄付に行った教会で預かられてたジャンが、誰もまともに相手してくれなかった
ジュリオに物怖じせずガツンと来てくれて一目惚れ…!
そしてそれを教会で伝えるジュリオ!!かっこいい!!可愛い!!ぎゃ――――――!!(病気)


逆にBad ENDは…ジュリオを信じられなくなったジャンが薬に逃げて、トリップしてるうちに
ジュリオの祖父に射殺され。(割と幸せな殺され方w)
ジャンの死体をジュリオが愛撫するっていうENDでした。
ありえそうwwwでもジュリオが幸せそうなのが切ないんですよ…
ジャンが生きて想い合ったら、死体以上の幸せがあるんだよ!!それに気づかないジュリオが
切ないんですよねー(´;ω;`)まあ、ジャンに関してはご愁傷様としかw


そんな感じで、もうとにかくラッキードッグが面白くて面白くてたまりません!!
ジャン大好きー!!
イヴァン可愛いー!!
ジュリオかっこいいー!!

と叫んで走り出したいくらい萌えて悶えて転がってです(病気)

LUCKY DOG1 は、私を萌え殺す気ですね。

長くなりそうなので、次にルキーノとベルナルドおじさん(笑)の感想書きますー

スポンサーサイト
   

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://yuihimeworld.blog27.fc2.com/tb.php/1848-4763d594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)