×Pigeon Blood 感想



「Pigeon Blood」 祝☆フルコンプ!!

って、だいぶ前にコンプ済なんですけどね!!

生きてると、良い時もあれば悪い時もあるよねってよく言うけども、
どう考えてもこの主人公にとっては悪い時が多い気がするのにその中で「これはかろうじて…」て
必死で良い事を見つけようとする姿勢を見習いたいやら止めときたいやら。
そんな気持ちになりました。

PigeonBlood 【初回限定版「録り下ろしドラマCD付き」】PigeonBlood 【初回限定版「録り下ろしドラマCD付き」】
(2014/10/03)
Windows

商品詳細を見る

【キャスト】
桐島和樹(CV.松田春樹さん)
美作祥輔(CV.佐藤タカさん)
橘裕也(CV.髭内悪太さん)
雪ノ宮透(CV.634さん)
水沢博嗣(CV.清風涼さん)

桐島瑞樹(CV.河村眞人さん)
和泉馨(CV.錦戸智久さん)


【あらすじ】
旧家である桐島家の次男として生まれた主人公・和樹は、当主であり兄でもある瑞樹の急逝により、
図らずも桐島家当主の座を継ぐこととなる。当主となった和樹に与えられた最初の仕事は、
桐島家に代々伝わる弔いの儀式
「ふなうち」を49日間欠かさず行うというものだった。
儀式を行う間、和樹は桐島家が所有する長野の別荘に滞在する事を余儀なくされる。
兄を弔うため別荘で静かに過ごす和樹の元に、ある日四人の青年が訪れる。四人はいずれも名家の
御曹司だったが、暇を持て余した彼らによって和樹は理不尽な「ゲーム」を行わなければならなくなる。
来訪者たちの存在に怯える日々の中、別荘の周辺では奇妙な出来事が起こり始めていた。

(Wikipediaより引用)


では個別感想いきます。
深呼吸して。
気持ちを落ち着けて。
ふなうちして。

※18歳未満の方、内臓や死体・ホラーが苦手な方は回れ右して振り返るな!走り去れ!

続きを読む
スポンサーサイト